マストロベラルディーノ|ラクリマ・クリスティ・デル・ヴェスーヴィオ ロッソ [2018] 750ml

¥2,420

マストロベラルディーノ|ラクリマ・クリスティ・デル・ヴェスーヴィオ ロッソ [2018] 750ml

カンパーニア州を代表する銘柄で「キリストの涙」の名を持つワイン。カンパーニャ特有のピエディロッソ種100%で造られ、カシスやブラックベリー等の黒果実の香りに黒コショウのニュアンスがあり、酸味やタンニンがまろやかで柔らかい口当たりが特徴です。

Lacryma Christi del Vesuvio Rosso 2018
ラクリマ・クリスティ・デル・ヴェスーヴィオ ロッソ

No.10000 750ml ¥2,420(税込)

販売価格
¥2,420

数量

在庫 : 在庫あり

Mastroberardino
マストロベラルディーノ

ローマ皇帝たちが愛したワインを今に伝える

イタリアの古代遺跡で最も有名なポンペイの北東、ヴェズーヴィオ火山の麓に位置するマストロベラルディーノ社。創業は1878年だが、同社のワイン造りの歴史はさらに古く、1580年の文献にはすでにその名を留めている。

16世紀にドイツからやってきたベラルディーノ・ファミリーは、その後ほどなくナポリでワインの巨匠(マエストロ)としての名声を確立、18世紀には公証人によって正式にマストロベラルディーノと命名されるまでになった。

現オーナーのアントニア氏も、その誇りと伝統の守護者として知られており、1994年には、カヴァリエール・デル・ラヴォーロ(功労の騎士)という称号を与えられている。

栽培されているブドウも、アリアニコ種、グレーコ種、フィアーノ種など古代時代からこの特別な土地が育んできた伝統品種が多く、歴史の継承者としての重役を担い続けている。

Lacryma Christi del Vesuvio Rosso 2018
ラクリマ・クリスティ・デル・ヴェスーヴィオ ロッソ

ワインカンパーニア州を代表する銘柄で「キリストの涙」の名を持つワイン。カンパーニャ特有のピエディロッソ種100%で造られ、カシスやブラックベリー等の黒果実の香りに黒コショウのニュアンスがあり、酸味やタンニンがまろやかで柔らかい口当たりが特徴です。

No.10000 750ml ¥2,420(税込)

商品番号

10000

生産者

マストロベラルディーノ

品名

ラクリマ・クリスティ・デル・ヴェスーヴィオ ロッソ

生産年

2018

容量

750ml

タイプ

赤/辛口

アルコール度数

12.5%

生産地

イタリア カンパーニア カンパーニア

品種

ピエディロッソ100%

輸入元

モトックス Motox

AWN販売価格

2,420円(税込)

消費税

10%

RECOMMEND

おすすめアイテム