ネコティウム Nec-Otium

クリュ・シャーレは、経験豊かな2人のエノロゴ、クリスチャン・パタとピエル・パオロ・シルヒを中心に、グラヴネールやロンコ・デル・ニェミツの栽培責任者であるマルコ・シモニ、そしてワイン商のグラウコ・ラヴェッロの4人のプロフェッショナルにより結成されたワイナリー。

醸造責任者であるクリスチャンは、ミアーニのエンツォ・ポントーニと親交が深く、フリウリでエノロゴとして活躍する一方で、自ら運営するネコティウム(Nec-Otium)社にてイタリア各地の優れた生産者を発掘する敏腕ネゴシアンとしても知られています。

畑の世話を受けもつピエル・パオロは、ガヤのコンサルタントを務める等、フリウリ内外で活躍するエノロゴであり、彼の弟のルカ・シルヒもまた、クリスチャンとともにクリュ・シャーレの醸造に携わっています。

優れたポテンシャルを秘めているにもかかわらず、放置されたままの数々の畑を目にした専門家達が、フリウリのテロワールの可能性を実証すべく、1997年にたった5樽のシャルドネからこの新しいプロジェクトはスタートしました。

畑はコッリ・オリエンターリ・デル・フリウリ地区に位置しており、グラン・クリュとも言えるロザッツォ、同じく偉大で大らかなブットリオ、晩熟の地サン・マウロ等からのブドウが用いられています。

収量はわずか20hl/ha以下と厳しく制限され、発酵にはフレンチオークの2年樽と3年樽を使用。二酸化硫黄の使用を極力抑えるため、ワインと澱を長期間接触させる等の工夫を凝らしています。

経験を重ねるごとに、「フリウリの多様なテロワールの個性を表現するためには、どのテロワールにどのブドウ品種が最適か、つまりどのブドウをどこで育てるかが重要だと学んだ」というクリスチャン。

何ら制約に縛られない彼らのワインは、独自の『フリウリらしさ』の表現を求めて進化を続けています。現在も総生産本数が1万本に満たないため、ほとんど市場に出回ることはなく、またメディアへの露出も行っていないため、現地以外ではほとんど見かけることのない稀少なワインです。


シャルドネ イ・ヴィーニ・ディ・ヤコポ
Chardonnay i Vini di Jacopo

ワインワイン

フリウリのグランクリュ、ブットリオとサンジョヴァンニにある畑の葡萄を醸造し、新樽のみで熟成させた贅沢なシャルドネ。桃やアプリコットの爽やかな香りにナッツやバニラのヒント。オークのニュアンスに続く果実味は美しく葡萄の良さを感じさせる旨みに満ちています。

5樽のみの限定生産。バリックの新樽にて8ヶ月熟成。

商品番号:08325
生産者:ネコティウム
[2015] シャルドネ イ・ヴィーニ・ディ・ヤコポ(白/辛口) 750ml
生産年:2015年産(ヴィンテージ)
タイプ:(白/辛口)
容量:750ml
原産地:イタリア
品種:シャルドネ100%
アルコール度数:13.5%
輸入元:フィラディス
 在庫あり 2,538 円(税込) 【送料別】
クール便:
 数量
[友達にメールですすめる] [商品について問合せる]

商品リスト検索

商品No・生産者・商品名・生産年・容量
赤/白/ロゼ・辛口/甘口などのワードで検索できます。

20歳以上の年齢であることを確認できない場合には酒類を販売いたしません。
ページ上部へ戻る