,

ロッカ・デル・プリンチペ Rocca del Principe

1940年代に絶滅の危機から救われたフィアーノは、ローマ時代まで栽培の歴史をさかのぼることができるカンパーニャ独自の古いブドウです。ミツバチがブドウの甘い香りに誘われて集まるため、かつてアピアニス(ラテン語で『ミツバチに愛された』の意)と呼ばれていたこの品種から、今やカンパーニャを代表するDOCGのひとつとなった、フィアーノ・ディ・アヴェリーノが生まれました。ナポリから70kmほど内陸部に入ったアヴェリーノ県の丘陵地帯を生産地域としていますが、中でもロッカ・デル・プリンチペが醸造所と畑を構えるラピオはフィアーノの原産地とされ、『特別な地』として一目置かれています。

DOCGタウラジと生産地区を重複するラピオは丘が多く、フィアーノ・ディ・アヴェリーノの他の地区と比べて土壌に石灰や粘土を多く含み、フィアーノ栽培に最も適した土地といわれています。『ガンベロ・ロッソ』でも「テロワールという翻訳しがたい言葉が全ての鍵となる土地」と評されていますが、30年前に行われた調査で既にそのポテンシャルは確認されています。醸造所を所有するファブリツィオ家は、ブドウ栽培農家として先祖代々受け継がれてきた畑でアリアニコを育てていましたが、長年温めていた「独特のテロワールを活かした南イタリア最高の白ワインを自ら手掛けたい」という想いを実現すべく、1990年に全てフィアーノに改植。後継者のアウレリア・ファブリツィオと夫のエルコーレ・ツァレッラの挑戦が始まりました。

アリアニエッロの丘の北から西向き斜面に広がる所有畑の海抜は540-620mで、ラピオの中で最も高い場所にある。斜面上部のため、日照量は理想的で風通しも良く、よく熟した健康なブドウが得られます。また、地理的条件による涼しい気候と昼夜の寒暖差により、酸度が高く保たれ、土壌からは豊かなミネラルが与えられます。これらの特徴を最大限に備えたブドウを得るため、畑作業を入念に行い、収量もDOCG規定の約半分である30-35hl/haまで厳しく制限。ゆっくりと成熟するブドウに合わせ、収穫は遅く10月。醸造・熟成の全行程にはステンレスタンクを使用。ピエトラクーパやペリッロでもコンサルタントを務めたカルミネ・ヴァレンティーノ監修の下、特徴的な酸やミネラルの表現に重点を置き、ブドウの良さを感じさせる柔らかな果実の中にも気候・畑の位置・土壌が織りなす『緊張感』が感じられるワインを生み出しています。
「ブドウのクオリティがようやく納得いくレベルに達した」という2004年から実際にワイン造りを開始ししましたが、既に『ガンベロ・ロッソ2009』に初掲載で2007年ヴィンテージがトレ・ビッキエリを獲得しただけでなく、『La Cantina Emergente(新進気鋭の醸造所)』にも選出。「ラピオのテロワールを完璧に表現した素晴らしいもの」と絶賛を受け、見事夢を実現させました。カンパーニャ全体の品質向上により、他地域に比べ競争の激しい中で成し得た素晴らしい快挙です。また、同誌の2010年度版でも続くヴィンテージがトレ・ビッキエリに選ばれており、今やフィアーノ・ディ・アヴェリーノ最高の造り手という名声を確実なものとしています。



フィアーノ・ディ・アヴェッリーノ
Fiano di Avellino

ワインワイン

フレッシュな果実や青いハーブとともに、フィアーノらしいアカシアの蜜やほのかなナッツの香りが豊かに広がる。甘く優しい果実を溌剌とした酸が支え、土壌由来のミネラルがくっきりとした輪郭を描く緊張感のある味わいである。余韻は長く、ほろ苦さが心地よい。ラピオのテロワール、そしてフィアーノの特性を完璧に表現した1本。

【2011/8/2 サマーワイン試飲会 お客様のお気に入りポイント】

<ヴィンテージ2009>
・フルーティー、コク、あきがこない。(一女様)
・フィアーノらしさを守りつつ、きれいな酸で、バランスがよい。白桃の香りがきわだって夏向きである。(伸太郎様)
・やわらかく優しいフィアーノは、のみやすくて良かったです。(まゆみ様)
・白ワインは余り飲みませんが、口の中で甘みがただよい美味。(尭子様)
・奥が深い。(匿名様)

商品番号:06850
[2016] フィアーノ・ディ・アヴェッリーノ(白/辛口) 750ml


生産地:イタリア カンパーニャ
生産者:ロッカ・デル・プリンチペ
輸入元:フィラディス
生産年:2016
容量:750ml
アルコール度数:13%
タイプ:(白/辛口)
品種:フィアーノ100%

販売価格:2,970 円(税込)
消費税率:10%
【送料別】

クール便:
 数量 在庫あり

[友達にメールですすめる]
[商品について問合せる]

20歳以上の年齢であることを確認できない場合には酒類を販売いたしません。


Producer’s Room

ページ上部へ戻る