,

モンジャール・ミュニュレ Mongeard-Mugneret

ディジョンからボーヌへと向かう街道沿い、ヴォーヌ・ロマネの入り口に「ル・リシュブール」というホテルレストランがある。このホテルを経営しているのが、村でも有数の大ドメーヌ、モンジャール・ミュニュレである。

モンジャールの姓は17世紀の初め、1620年頃からブルゴーニュで見られ、代々ブドウ栽培を生業としてきた家系である。
現当主ヴァンサン・モンジャールの父、ヴォーヌ・ロマネ村の村長も務めたジャンの時代にドメーヌは大きく成長。さらにヴァンサンが拡大し、現在、ブドウ畑の面積は33ha。
北はマルサネから南はサヴィニー・レ・ボーヌまで35のアペラシオンに散らばっている。ちょっとしたネゴシアン並みの規模だ。

リシュブールも所有するとはいえ、このドメーヌの華はなんといってもエシェゾーとグランゼシェゾー。それぞれ2.6ha、1.44haという面積は、ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティに次ぐ広さだ。
前者はエシェゾー・デュ・デュス、ルージュ・デュ・バ、レ・トゥルーの3つの区画に分かれるが、1929年に植樹したルージュ・デュ・バのブドウはすべてエシェゾー・ヴィエイユ・ヴィーニュとして瓶詰めされる。
レ・トゥルーはエシェゾーでも最下部にあるので肉付きがよく豊満な一方で複雑味に欠けると、ヴァンサンはいう。ちなみにこの区画のワインは全量アメリカ向け。
日本向けのエシェゾーはもっとも優れたワインを生むとされるエシェゾー・デュ・デュスのものなので安心されたし。
除梗率はクリマとヴィンテージによって異なり、相対的にエシェゾー・ヴィエイユ・ヴィーニュやグランゼシェゾーはエシェゾーよりも全房の比率が高い。それもあって、とくにグランゼシェゾーは構造のしっかりした筋肉質のワインとなる。

ブドウ栽培では2003年から一部の畑(ニュイ・サン・ジョルジュ1級ブード、ヴォーヌ・ロマネ1級シュショ、プティ・モン、それに全特級クリマ)でビオロジック農法を始めている。それ以外の畑はリュット・レゾネだが、これだけ広範囲にわたる畑を農薬に頼らず耕作するのは大変なことだろう。

父ジャンの時代、このドメーヌのワインは新樽の香りが顕著に感じられたものが、近年のワインは樽香が果実味の中にきれいに溶け込み、洗練さを増している。

価格的にリーズナブルで質の高い特級畑のワインを探している人に、安心して薦められるのがこのドメーヌのエシェゾーだ。



モンジャール・ミュニュレ
ブルゴーニュ シャルドネ
Mongeard-Mugneret
Bourgogne Chardonnay

ワインワインワインワイン

ゴールドがかった色合いが美しく、鮮やかな果実香が花開き、アロマティックな味わいが広がります。とろりとふくよかで力強く、辛口ながら柔らかな味わい。肉厚で深みがありながら、滑らかで、洗練された気品も感じられ、しっかりとした余韻が続きます。香りの豊かさに驚きの1本。

商品番号:10368
[2018] ブルゴーニュ シャルドネ(白/辛口) 750ml


生産地:フランス ブルゴーニュ
生産者:モンジャール・ミュニュレ
輸入元:ラック・コーポレーション
生産年:2018
容量:750ml
アルコール度数:12.5%
タイプ:(白/辛口)
品種:シャルドネ100%

販売価格:2,970 円(税込)
消費税率:10%
【送料別】
※【クール便推奨期間 5/1~9/30頃】

クール便:
 数量 在庫あり

[友達にメールですすめる]
[商品について問合せる]

20歳以上の年齢であることを確認できない場合には酒類を販売いたしません。


Producer’s Room

ページ上部へ戻る