ピコ島醸造協同組合

世界遺産で生まれたワイン
ポルトガル領アソーレス諸島・ピコ島

ポルトガル領アソーレス諸島は、ポルトガルの首都リスボンから約1500km西の大西洋上に浮かぶ9つの島々。その中で2番目に大きい島、ピコ島では火山岩質の溶岩台地から今もワインが造られています。

15世紀に発見された当初、この島は全て火山の溶岩に覆われており、ここに入植したカトリックの修道士は、ワインを造るために苦労を重ねて溶岩台地を開墾し葡萄栽培を始めました。

夏の日差しの強さと溶岩台地の水はけの良さから糖度の高い葡萄が生まれ、火山岩に含まれるミネラル分の豊富なワインが生まれるものの、あまりに強い潮風から葡萄の樹を守るため、溶岩石を使った「クラウ」と呼ばれる石垣が作られるようになる。これが、一時は島中を覆うほどの規模となりその石垣の長さは地球2周分とも言われています。

フィロキセラ禍以降畑は激減し、後継者不足などによって畑の存続が危ぶまれる声が高くなったことから、葡萄畑の景観保護を目的に、2004年「ピコ島の葡萄園文化の景観」として世界遺産に登録されました。


ラジド
Lajido

Label No.05452bottle No.05452

世界文化遺産に登録された畑で栽培された葡萄を使用。夏の暑さと火山岩質土壌の水はけの良さで葡萄は糖度を増し、土壌に含まれるミネラルと3年間の樽熟成による熟成が、ワインに複雑さを与えています。

味わいはセミドライタイプ。開栓前に少し冷やし(8~10℃)、飲む15分程度前に抜栓を。食前酒として、また香辛料の効いた料理などと楽しめます。

「クラウ」と呼ばれる溶岩石の石垣に囲まれて栽培された葡萄は、収穫後、伝統的に足踏みで搾汁され、木樽で発酵させます。発酵終了直前にグレープスピリッツが添加され、アルコール分は16%。熟成はアメリカンオーク樽で3年間。

封印の赤いワックスキャップ(蝋栓)は、そのまま上からコルク抜きを突き刺していつもと同じように開け、最後に注ぎ口になるところの蝋をパキッと剥がすだけ。蝋クズがボトルに入ってしまわないようにパパッと払います。蝋栓というと面倒なイメージですが意外と簡単。実はコルクを抜く前に蝋を溶かしたり割ってたりしなくても、ちゃんと開けることができます。ナイフいらずの優れ物!
●替え栓付です。

商品番号:05452
生産者:ピコ島醸造協同組合
[2002] ラジド(白/中辛口) 500ml
生産年:2002年産(ヴィンテージ)
タイプ:(白/中辛口)
容量:500ml
原産地:ポルトガル
品種:ベルデホ(ベルデーリョ)、アリント
アルコール度数:16.5%
輸入元:木下インターナショナル
 売り切れ 3,520 円(税込)消費税率:10% 【送料別】
クール便:
 数量
[友達にメールですすめる] [商品について問合せる]

商品リスト検索

商品No・生産者・商品名・生産年・容量
赤/白/ロゼ・辛口/甘口などのワードで検索できます。

20歳以上の年齢であることを確認できない場合には酒類を販売いたしません。
ページ上部へ戻る