ルイス・パト Luis Pato

ジャンシス・ロビンソン女史をはじめ、多くのワインジャーナリストが絶賛するバイラーダ地方の重鎮、ルイス・パト。

革新的なワイン造りで、ポルトガルのワイン生産者たちを牽引する存在です。

化学会社で技師として働いていたルイス・パト氏が家族のワイナリーを受け継いだのが1983年。科学技術者としての経験に加え1988年からはロンドンのインターナショナルワインチャレンジのテイスターとして世界のワインを知る機会を得たことにより、地域の品種バガ(黒葡萄)の可能性を見極め、従来のバイラーダワインとは異なったアプローチでワイン造りを行っています。

化学薬品の多用を止め、多産なバガ種の収量を徹底して抑え、樹上で果実を濃縮させ、発酵前に完全に除梗し過剰なタンニンを抑え、独自の650リットルのフレンチオーク樽を開発し、畑のテロワールの違いを表現するためにシングル・ヴィンヤードワインを生み出しました。

そして、アメリカ産代木を使わないぺ・フランコ(足がない=アメリカ代木からの自由)を生み出しました。周囲の生産者は彼の行った全てを声高に批判したが世界中のワインガイドや専門家の評価がその正当性を証明しています。


バガ ペ・フランコ

ワインワイン

商品番号:04187
生産者:ルイス・パト
[2002] バガ ペ・フランコ(赤/辛口) 750ml
生産年:2002年産(ヴィンテージ)
タイプ:(赤/辛口)
容量:750ml
原産地:ポルトガル
品種:バガ
アルコール度数:13%
輸入元:木下インターナショナル
 在庫あり 19,800 円(税込)消費税率:10% 【送料別】
クール便:
 数量
[友達にメールですすめる] [商品について問合せる]

商品リスト検索

商品No・生産者・商品名・生産年・容量
赤/白/ロゼ・辛口/甘口などのワードで検索できます。

20歳以上の年齢であることを確認できない場合には酒類を販売いたしません。
ページ上部へ戻る