ペンフォールズ Penfolds

ワイナリーの歴史
1844年、イギリスから移住してきた医師クリストファー・ローソン・ペンフォールド氏がサウスオーストリア州マギルで、患者向けの酒精強化ワイン造りを開始したのが、ペンフォールドの始まりです。1950年代に、消費者の嗜好変化を反映してスティルワインにフォーカスしたワイン造りに転向。当時のチーフ・ワインメーカー、マックス・シューバート氏を中心に「グランジ」を生み出し、ペンフォールドの名が世界に知れ渡ることとなりました。

栽培
サウスオーストラリアのバロッサ・ヴァレー、イーデン・ヴァレー、マクラーレン・ヴェイル、クナワラなどを始め、複数の場所に畑を所有しています。代表的な畑は、標高340m、緩やかな斜面に位置し、砂地、ローム層、粘土などの異なる土壌を持つカリムナ・ヴィンヤード。オーストラリア最高の赤ワインヴィンヤードの1つです。カリムナの北東5kmに位置し、平坦で粘土質のクヌンガ・ヒル・ヴィンヤード。シラーズやカベルネ・ソーヴィニヨンが植えられ、グランジなどにもここのブドウが使われます。アデレード北約130kmポリッシュヒル・リバー・ヴァレーに位置し標高430~470m、粘板岩、ローム層、粘土と幅広く異なる土壌のクレア・エステート・ヴィンヤード。ここでは一部有機農法が行われています。

醸造
ペンフォールドでは「マルチ・リージョナル・ブレンド」という考え方を基本にし、一つの畑のブドウだけではなく、複数の畑のブドウを使ったワインが主に造られています。畑やブドウのグレードなどによって選別したブドウを別々に醸造。毎年ワインメーカーがブラインドテイスティングを行い、そのワインのスタイルに合ったブレンドを決めています。現在のチーフ・ワインメーカーは4代目のピーター・ゲイゴ氏。



クヌンガ・ヒル シャルドネ
Koonunga Hill Chardonnay

ワインワイン

オーストラリアが誇るトップブランド、ペンフォールズ。サウスオーストラリアのバロッサ・ヴァレー、クナワラ地区等から収穫されたシャルドネ種をフレンチオークの樽で熟成させた白ワイン。よく熟した果物の香りと樽の風味がマッチし、熟成すると、ふくよかな味わいに。

商品番号:04802
[2018] クヌンガ・ヒル シャルドネ(白/辛口) 750ml


生産地:オーストラリア
生産者:ペンフォールズ
輸入元:ファインズ
生産年:2018
容量:750ml
アルコール度数:13.5%
タイプ:(白/辛口)
品種:シャルドネ100%

販売価格:2,090 円(税込)
消費税率:10%
【送料別】
※【クール便推奨期間 5/1~9/30頃】 ただいまクール便推奨の季節です。品質保持のため、クール便をご利用ください。

クール便:
 数量 在庫あり

[友達にメールですすめる]
[商品について問合せる]

ページ上部へ戻る