,

シャトー・ボーモン Château Beaumont

【画像2】

マンサールの美しく優雅なシャトーワインで
夢見心地のお嬢様気分

緑の芝の上には白いお城が美しくそびえ立ち、バックに広がる青い空。緑の木々に囲まれたこの美しい庭園では、鳥のさえずりを聞きながら、昼下がりに素敵なドレスで素敵な人とゆっくりとティータイムを楽しみたい。ふわりと淡いピンクのドレス、大人びたパープル、どんな色が映えるかしら。思わずそんな夢見心地のお嬢様気分にさせてくれるようなこのシャトー・ボーモンは、美術館としても有名なパリのルーブル宮殿と同じルネッサンス期のマンサール様式で、1854年に建てられたシャトー(城館)。

オーメドック地区で最も美しい城館のひとつにあげられるという「シャトー・ボーモン」は、葡萄園の中央にあるこの美しいシャトーで、実際に10名ほどの会議やセミナーから250人規模の盛大なレセプション・パーティーにも利用することができるんです。

ボルドー市街から北へと伸びるD2号線を北上し、マルゴーをちょっと過ぎたあたりにあるキュサック村、そこはちょうど、お隣りのサンジュリアン地区とマルゴー地区の間にあたります。

偉大なワイナリーが数多く点在するグラン・シャトー街道と呼ばれるD2号線を少し入ったところにあるシャトー・ボーモンは、フランス・ボルドー地方を流れるジロンド河の左岸、オーメドックワインの生産地区のキュサック村にあり、クリュ・ブルジョワ・シュペリュール級に格付けされているシャトー。その実力は格付け以上と、多くの人々から高く評価されています。

シャトーの周りにはぐるりと105ヘクタールの地続きのブドウ畑が広がり、葡萄の木々がシャトーを守るかのように整然と並んでいます。ギュンツ期の砂利質の地層から、栄養分をたたっぷりと吸い上げた葡萄の実。このシャトー・ボーモンで造られるワインは、きめ細かく繊細で優雅な味わいに身をまとい、ラベルにも刻まれている美しく優雅なシャトーのように均整のとれたその味わいで人々を楽しませてくれます。

畑の面積:105ha(ヘクタール)
年間平均生産量:60万本
栽培葡萄比率:カベルネ・ソーヴィニョン60%、メルロー33%、カベルネ・フラン4%、プティ・ヴェルド3%

シャトー・ボーモンHP:http://www.chateau-beaumont.com/



シャトー・ボーモン
Château Beaumont

ワインワイン

ボルドーのメドックらしさたっぷり
優雅な気品のある人気ワイン

力強く男性的なサンジュリアンとエレガントで女性的なマルゴーの中間に位置するキュサック村にあり、ワインもやはり中間的な性格を持ちます。果実の力強さとしなやかさを兼ね備えたワインです。

カベルネ・ソーヴィニョン種の力強さとメルロー種のしなやかさを併せ持ち、ボルドー左岸に多いカベルネ・ソーヴィニョン主体の味わいを代表するような優等生。

商品番号:04674
[2016] シャトー・ボーモン(赤/辛口) 375ml


生産地:フランス ボルドー
生産者:ボーモン
輸入元:モトックス(Motox)
生産年:2016
容量:375ml
アルコール度数:13.5%
タイプ:(赤/辛口)
品種:カベルネ・ソーヴィニョン、メルロー

販売価格:1,705 円(税込)
消費税率:10%
【送料別】

クール便:
 数量 在庫あり

[友達にメールですすめる]
[商品について問合せる]

ページ上部へ戻る