ロス・バスコス Los Vascos

ワイナリーの歴史
ロス・ヴァスコスはチリに移住したスペイン人により1750年創業されました。シャトー・ラフィット・ロートシルトを要するドメーヌ・バロン・ド・ロートシルトはチリでワインを造ることを決め、銘醸地や生産者の調査を行っていました。その中で選ばれたのが、このロス・ヴァスコスです。1983年からラフィットのテクニカルディレクターを派遣し、葡萄の植え替えや水源の確保、畑の区画毎のミクロクリマの把握などを行い、1988年から経営を開始。2000年にはラフィットのディレクターであるクリスチャン・ル・ソメール氏を派遣するなど、ラフィットの知識と技術を注いできました。以前ラフィットの醸造責任者であったシャルル・シュヴァリエ氏の右腕を務めていたエリック・コレール氏が現在、ロス・バスコスの栽培・醸造の責任者を務めています。

栽培
太平洋から約40kmの場所に位置し、海から吹き込む風の影響で昼夜の気温は冷涼に保たれます。所有面積は3600ha、その内作付け面積は580haとコルチャグア・ヴァレー中部で最大のブドウ畑です。
広大な土地ですが、殺虫剤や除草剤などの化学物質に頼らない方法(キャノピーマネジメントなど)を採用し、グリーンハーヴェストによる収量制限、樹齢による区画の管理を行い、収穫は手摘みと手間隙をかけて行っています。

醸造
手摘みされたブドウはその後入念に選果され、シャルドネとソーヴィニヨンブランは若々しさを保つためにステンレスタンクで低温発酵で造られた後すぐに瓶詰めされます。赤は区画毎にステンレスタンクにて発酵後、グランド・レゼルブとル・ディス・ド・ロス・ヴァスコスは12~16ヶ月樽で熟成させます。樽の一部はボルドーにあるDBRの樽工房で作られたものを使用しています。


ワインワイン

カベルネ・ソーヴィニョン
Los Vascos Cabernet Sauvignon

生産者:ロス・バスコス
原産地:チリセントラル・バレー
分類:D.O. コルチャグア・バレー
品種:カベルネ・ソーヴィニョン100%
タイプ:(赤/辛口)

イチゴやチェリーなどの果実の香りの中に、黒コショウやナツメグのスパイシーさが感じられます。口当たりは滑らかで丸みがあり、心地よいタンニン、フィニッシュはチリワイン独特の月桂樹やユーカリのニュアンスを感じさせます。

ステンレスタンクで発酵・熟成。

商品番号:2087
カベルネ・ソーヴィニョン

生産年:2016
容量:750ml
アルコール度数:14%
生産者:ロス・バスコス
輸入元:サントリー(Suntory)

エンジェル価格:¥1,512(税込) 【送料別】

クール便:
 数量 在庫あり

商品について問合わせ
友達にメールですすめる

商品リスト検索

商品No・生産者・商品名・生産年・容量
赤/白/ロゼ・辛口/甘口などのワードで検索できます。

20歳以上の年齢であることを確認できない場合には酒類を販売いたしません。
ページ上部へ戻る