シャトー・ブースカッセ (アラン・ブリュモン)

ブリュモン
2008 シャトー・ブースカッセ

ボルドー地方の南、内陸部にある南西地方のワイン。粘土と石灰岩の土壌に植えられたタナ種から、非常に濃厚で気品を感じさせる果実味と、タナ種特有の心地よいタンニンが感じられます。力強さとたくましさが感じられる、ワイルド系ワイン。お肉料理とあわせて豪快に。
[AWN未掲載] フランス / 南西 100ml ¥700

このブログ記事について

このページは、saciが2013年9月 4日 19:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ラ・クロワ・ド・カルボニュー (シャトー・カルボニュー)」です。

次のブログ記事は「サヴィニー・レ・ボーヌ ヴィエイユ・ヴィーニュ (ルイ・シニュ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ